水素水通販のベルボーテ

HOME»  活性酸素を増やさないための運動とは

活性酸素を増やさないための運動とは

人は年齢と共に体の抗酸化作用が低下し、活性酸素が増えてどんどん老化してしまいます。
運動不足が続くと老化を加速させてしまうので、美容と健康のために運動をしている方も多いと思います。
しかし、運動をやり過ぎると逆に体内の活性酸素を増加させてしまうので、運動の方法には注意が必要です。

なぜ運動で活性酸素が増えるのか

現代人は運動不足の人が多いため、生活習慣病の予防策として適度な運動が推奨されています。
確かに、運動をして汗をかくと筋力がアップして代謝も向上するので体に良いのですが、激しい運動をすると呼吸する回数が多くなるため、発生する活性酸素の量も増えてしまいます。

さらに、運動をして体温が上がると活性酸素の変換率が上がり、普段よりも多くの活性酸素が発生します。よって、呼吸が苦しくなるほど激しい運動をした場合は、抗酸化作用のある食品や飲み物を摂取する事が大切です。

適度な運動とは

「毎日適度な運動をしましょう」と言われても、どれくらいの運動が適切なのか分からないという方も多いのではないでしょうか?適切な運動量は年齢や性別によって差がありますが、基準としては軽く息が上がる程度の運動を1日30分行うと良いとされています。

連続して30分運動できなくても、1回10分の運動を1日3回行えば大丈夫です。次に、運動の種類について説明致します。誰でもすぐに実践できる運動といえば、ウォーキングですが、家の階段や玄関の段差を使った踏み台昇降や、ラジオ体操もおすすめです。踏み台昇降はテレビを見ながらできるので、運動が嫌いな方でも続けやすいです。

運動をして軽く汗をかいた後は、ぜひおいしい水素水で水分補給してください。汗をかいた後は体が水分を欲しているので、水素水が体に染み渡るような感覚が味わえると思います。